在来工法の浴室をユニットバスへリフォーム TOTO サザナ/川崎市多摩区

■浴室 
戸建の在来工法の浴室をリフォームしました。                       以前はタイル貼で、冬は寒く、タイル目地のお掃除も大変でした。

そこで浴室をユニットバスへリフォーム。TOTO/サザナ HSシリーズSタイプに交換しました。  明るく爽やかな色柄のアクセントパネルで、清潔感のあるバスルームに生まれ変わりました。

 Before After
 BeforeAfter
 汚れの落ちなかったカウンター廻りも新しくなって見た目もスッキリ。

 

壁パネルのカラーはストリッシュブルー。多色使いの柄のひとつひとつにヘリンボーンを組み合わせた、爽やかでシャープなストライプ柄。

床はタイルに見えますが、実際は踏み心が柔らかく、ひやっとした冷たさのない「ほっカラリ床」。水はけがよく翌日にはカラリと乾く新感覚の床材です。
 ■DATA

・場所  川崎市多摩区

・担当 鈴木

・施工期間 約10日間(その他、設備・内装工事、外壁塗装工事等含む)

・関連施工事例 『明るくナチュラルなクリーム色の外壁・屋根塗装工事