白いフローリングとアクセントクロスで明るく洗練された空間へ/横浜市西区

 

マンションを賃貸用に内装リフォームでイメージチェンジさせました。全室白いフローリングに貼り替えたことで広々と明るく洗練された空間に。さらに各部屋にオシャレな色柄のアクセントクロスを取り入れたことで、ワンランクアップした空間へ生まれ変わりました。

■LDK

広々リビングダイニングの壁一面に、レンガ調のアクセントクロスを貼りました。控えめなホワイトとグレーの陰影のレンガがお部屋に馴染みます。(RF-3513)

床は東洋テックスのダイヤモンドフロアーWPシリーズのワイルドホワイトをチョイス。木目が入っているので洗練された中にも温かみを感じさせます。

 

リビングダイニングの横にある洋室は以前は壁で仕切られていましたが、開口を広くとり、3枚片引き戸を設置。白い建具のため、閉めていても圧迫感がありません。開け放つとリビングダイニングと一体化した広い空間に。

 

← ↑ リビングダイニング横の洋室の壁は、大胆な花柄のクロス。色が主張しすぎないためお部屋に馴染みます。(FE-4109)

 

← ↑ キッチン入口の袖壁は一部を取り払い、カウンターを設けました。以前より開口が広くなったため、料理をしながらリビングダイニングを見渡せるようになりました。

 

■洋室1、2

洋室1は落ち着きのあるブルー。織物調の温かみのある素材です。(BA-6028)
洋室はインテリアに馴染む、人気のグレー。キラキラとしたラメが入っているのがポイントです。(LV-6096)

 

■トイレ

トイレの壁の一面は繰り返し描かれた模様と色調が美しいクロス。(FE-1433)床の大理石調のクッションフロアとの組み合わせで、洗練された清潔感のある空間に。

 

■玄関・廊下

玄関にあるニッチには、レンガ調のアクセントクロスを配しました。グレージュで細目のタイルが印象的です。(LL-8776)

白い建具で統一された廊下はスッキリとした印象に。真っ白い建具が床の木目を印象付けます。

■DATA
・場所 横浜市西区
・担当者 鈴木
・施工期間 約1ヶ月